ふるさと納税とは

ふるさとの税とは、2,000円の負担で減税・節税ができる上に寄付した先から返礼品が受け取れるサービスでかなり一般化してきたサービスです。ところが最近では寄付金の3割の返戻品に抑えろなどと、総務省が指導しています。

これを受け、世間の民は「駆け込み需要」に走りふるさと納税の申し込みが殺到しています。これは世論では、税金に対しての負担より寄付する方が返礼品も受け取れる上に、節税できるのがメリットであると考えている証拠でもあるようです。

皆様の中でも、ふるさと納税の利用をしたことがある方もいるかと思いますが、返礼品の規制についてどう感じますか?不正行為は行っていないのではないかと私は感じていて、規制の真の目的が気になります。