ケンタロウ手紙

瀕死の重体から少しづつ回復し、懸命のリハビリにより、立ち直ってきている料理研究家の「ケンタロウ」。

男子ごはんやNHKなど、産みだしたレシピは数え切れないほど、料理書籍も多数発行していますよね。

首都高速で6メートル下に落下してしまったケンタロウ。脳へのダメージはとても大きく、記憶障害があったそうですが、女性セブンを読んだ際に「コギー」という自分で漕ぐ車いすを用い、自分で少し漕ぎながら移動ができるまでに回復しているそうです。

男子ごはん10周年SPには、ケンタロウさんからの手紙がスタジオで読み上げられていました。

「太一くん、心平ちゃん、男子ごはんのスタッフの皆様 10周年おめでとうございます。 勝手に事故ってごめん。 太一くん10周年ありがとう。 心平ちゃん途中からごめんね。 気がついたら6年もたっちゃったけど、残念ながらまだ 短パン男子にチューニングが合っていないんだ。 今やすっかりテレビの向こう側の人とこっち側の人って 関係だけれど、二人の男子ごはんをテレビで見られてうれしい。 これからもおいしい物をたくさん作って下さい。 おいしい物を作って食べるのが全てですから。 絶賛リハビリ中。 ケンタロウ」赤字の部分はケンタロウさん直筆でした。

最後には、国分太一君から「3人で頑張っていきます。」というコメントがあり、とても心に響きました。
youtubeに動画をシェアしてくれている方がいました。



ご回復を願っています。