台風進路図

大型の台風24号が、宮古島付近をゆっくりと北西に進路をとっており、今後日本列島に接近する可能性が高くなっています。2017年の台風18号が日本列島に甚大なダメージを残したコースと非常に似た進路図が予想されています。

台風.GIF
気象庁のデータです。70%の確率で円の中に進路を取ると予想されています。

天気予報・気象予想サイトでも、厳重な注意が必要な台風であるとの注意を呼び掛けています。地域によりますが今夜か明日には、台風被害を想定した備えが必要と言えるでしょう。

もしも、家屋が被害にあった際には「火災保険」が役に立つかもしれません。台風被害の内容の90%は火災保険でカバーできるようです。ただ、その際に必要になる被害状況の書類作成が意外に大変です。

この部分がこう壊れた、そう申告する際に専門用語や知識が必要なのです。もし、被害にあっている時期ですととてもそんな事には時間が割けないでしょう。

その場合は、被害調査プログラム >> というサービスを利用すれば、書類作成代行を専門家が代行してくれて役立ちます。