年賀状2019年

2019年も、もうすぐそこまでやってきました。師走になると、「お歳暮」、「お節」、「年賀状」、と何かとバタバタするものです。

そんな中、年賀状は段取りしておくことで、かなり変化が出るでしょう。というのも、クリスマスには投函する年賀状【元旦狙いの場合】を印刷するプリンターが最も売れるのは、12月になってからです。

年賀状のデザインを、印刷会社に出稿する場合は、11月中には終わらせなくてはいけません。筆一本で、年賀状を書ける腕のある方は、このお悩みは皆無でしょう。

さて、

年賀状2019年は、どのように用意すると効率的なのか?

年賀状値段・ロッド数・必要なもの特徴
出来上がり年賀状を買う【コンビニ・郵便局】好きな枚数・値段は割高必要な枚数だけ買える
ソースネクスト【筆まめ】何枚でも、5,970円~ソフト・プリンター暑中見舞いなど、他の用途にも使用可能
印刷会社へ頼む30枚、約3,000円~出稿先とにかく仕上がりが良い、スピード感は最も高い
筆一本書けるだけ・筆ペン・筆記用具オリジナル感が随一

・はがきで挨拶状をよく作成するかたは、「筆まめ」がおすすめ。

・被らないオリジナル年賀状をサクッと作りたい場合は、「印刷会社へ頼む

筆ペン一本勝負もアリ。

私は、筆まめ派です!(^^)!