秋分の日に込められた意味とは?

秋分の日は毎年9月22日か23日ごろになります。
祝日法で1948年に国民の休日として定められたこの日、先祖を敬う日としての意味合いが込められています。

もともとは皇族が「秋季皇霊祭・しゅうきこうれいさい」として神霊を祭っていた日が秋分の日になったようです。
昼と夜が大体同じになるこの日、国立天文台が定める事になっています。


私たちの間では「おはぎ」をお供えするのが定例。
秋分の日には漉し餡で作る「ぼたもち」をお供えする風習があります。

個人的にはぼたもちが好きです♪