アビガンとコロナ

厚労省は新型コロナウイルスに対して、抗インフルエンザ薬の「アビガン錠」を2つの医療機関で試験的に投与を開始したと発表しました。
医療従事者間では「有効性」について水面下で語られていたのだそうです。(友人の医者談)

ただ、法律上認められていないものを投与する訳にはいかず、厚労省の判断待ちという状況だそうです。

・RNAポリメラーゼ阻害薬
・ノイラミニダーゼ阻害薬

抗インフルエンザ薬には2つの種類があります。
よく分らない方は、参考動画を貼っておくので目を通し、「アビガン」の理解度を上げておくことをお薦めします。
因みに、国内には200万人分の備蓄があるそうです。