デスクチェア 疲れない

疲れないデスクチェアと謳う製品は多いですが、実際は座てみなければ個人にフィットするかは「違う」とおもっています。例えば、イトーキから8月に発売される「LEONIS」というモデル。体をバックレストに預けたら自動でヘッドレストが前傾して首への負担を軽減してくれます。

一見、素晴らしいですがフィットしていれば。。。です。
私は「大塚家具」などで、オカムラ・アーロンチェア・イトーキ・コクヨなどめっちゃ試し座りをします。一緒に行った人でもその人の分だけ意見がでるんですよね。180センチの人と、165センチの方でも違うし。男性・女性でも骨格・体格に差があります。

疲れないデスクチェアはまさにあなただけのフット感が再重要だと思うのです。
あとは選択肢を増やすという視点でいえば「座らない」というのも良いと思い始めています。
スタンディングと座りを両方選べるのが良いかなって。その際、電動式だけは避けると思います(配線に縛られるので。。)


疲れるというのとは違いますが、ホームオフィスの環境も重要視するようにしています。
余り広い空間で仕事しない様にしていて、狭い空間だと集中できることから「疲れ」を感じることなく作業できるきがしています。